滋賀県大津市の審美歯科は、南郷デンタルクリニックへ
HOME>審美歯科メニュー

メタルボンド

メタルボンドとは

メタルボンド(冠)とは、中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を使用したクラウン(被せ物、差し歯)のことを言います。見た目が良く変色しません。強度も強いので、見た目のきれいさや実用性を気にされる方が希望されることが多い治療法のひとつです。
すべてセラミック素材(陶器材料)でできているオールセラミックと違って、歯を作る際の土台に金属を使用しているので、色調や透明感は多少劣りますが、非常に丈夫で長持ちであり、奥歯やブリッジなどの強度が求められ部分にはオールセラミックよりメタルボンドが適しています。

こんな方にオススメ
  • 短期間に歯並び、歯の大きさ、歯の形を治したい方
  • 以前の治療できた金属が見えるのが気になる方
  • 歯の神経をとってしまって、歯が黒ずんできた方
メリット
女性の写真
  1. 色が天然歯に似ているので見た目がきれいです。
  2. 中身が金属なので割れにくく、ほとんどの部位に使用できます。
  3. 中身の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低くなります。
  4. 高精度かつ汚れが付着しにくいため、歯周病や2次むし歯になるリスクが低くなります。
歯科疾患予防、審美歯科、インプラント、短期集中歯科治療ならくにまつデンタルクリニック 077-533-5155